今際の国のアリスがひどい?原作と違ってつまらないし最終回は意味不明?

今際の国のアリスがひどい? ネット・オンライン・配信

話題のNetflixオリジナルドラマ『今際の国のアリス』ですが、一部視聴者からひどいと評価をされています。

話題の漫画が豪華な俳優陣で実写化されるとあって、読者から期待の声も多く聞かれていました。

ただドラマ公開前の期待をよそに今際の国のアリスがひどいと言われているのは、一体なぜなのでしょうか。

今回は本当に今際の国のアリスはひどいのか、原作と違ってつまらないし、その上最終回は意味不明なのかを調査します!

今際の国のアリスはひどい?

【ひどいと言われる要因】

  • ストーリーがつまらない
  • キャストがひどい
  • 原作からかけ離れている
  • 最終回がひどい

面白そうなドラマにも関わらず、今際の国のアリスがひどいと言われる理由には、4つの要因がありそう。

漫画の読者は頭の中でリアルを想像しながら漫画を楽しんでいるため、イメージするものは人それぞれ異なります。

原作の漫画が人気であるほど、実写化に対する期待が大きくなるため、原作イメージとドラマとの差が生まれてしまうのでしょう。

ましてや現実世界にはない設定の漫画の場合、その想像は読者の数だけ無限に広がり様々なイメージが出来上がります。

漫画の実写化ドラマならではの声かもしれませんが、今際の国のアリスがひどいと言われる要因について考えてみましょう。

ストーリーがつまらない

Netflixの今際の国のアリスがひどいと言われる要因は、ストーリーが単調でつまらないということにありそうです。

サスペンスドラマには『ハラハラ感』や『ドキドキ感』が必要不可欠で、そのスリルがドラマの面白さを決めます。

ですが今際の国のアリスは、ゲームでメインのキャストが生き残り、その後ゲームのない時間が流れ、またゲームが始まる繰り返し。

ゲームに一度休憩が入るためスリル感が持続できず、「つまらない…」「ひどい!」と言ったマイナス評価に繋がっているようです。

キャストがひどい

今際の国のアリスは大物俳優陣での実写化で話題ですが、キャストの演技がマッチしていなくてひどいと言われています。

どうやらストーリーの途中意味のないところで大声をあげたり、泣いたり喧嘩したりと過剰な演出が影響しているよう。

また想像していたキャラクターのイメージとは違うキャスティングも目立つため、原作ファンからの批判もあります。

数多くの漫画読者がそれぞれイメージする通りのキャストを揃え、納得のいく演出で作品に仕上げるのは難しいことですね。

原作からかけ離れていてひどい

今際の国のアリスはドラマが原作の内容からかけ離れているために、ひどいとも言われています。

かけ離れていると言われるのは、キャラクターの年齢設定が原作と違っていることが原因なよう。

また実写化するに当たって登場人物を減らしていることも、ひどいと言われることに繋がっています。

年齢が違うと読者がイメージしていたキャラクターとは別人思えてしまいますし、登場人物が減ると原作から内容も変更せざるおえません。

あらすじ自体は原作と大きな差はありませんが、基本部分が違っているため、原作を知っているとかけ離れていると感じるかもしれません。

最終回がひどい

Netflixの今際の国のアリスが最もひどいと言われている要因は、最終回の内容がひどいと感じてしまうからかも。

作品中ずっとゲームを通して生き残ってきたのに、今までのゲームは何だったのかという結末に…

単調ながらもスリル感を味わってゲームを楽しんで観ていたのに、まさかゲームと関係のない形で終焉を迎えてしまうとは。

ドラマで最終回と言えば評価がすべて決まると言って良いほど大事な回、その最後が残念な終わり方だと中身がよくても評価は下がってしまいますね。

今際の国のアリスはグロいだけでひどい?

今際のアリスのようなサスペンス系ドラマではよくあることですが、グロいシーンの多くなりひどいと言われがちです。

しかも今際の国のアリスはNetflixの配信ドラマなため、地上波にはないグロいシーンが多く使われています。

グロいシーンの評価は好みの問題ですが、スリル感をより味わうために「怖くて見れないけど観てみたい!!」感覚はサスペンスには必須。

グロいシーンが多いのがひどいかひどくないかは視聴者次第ですが、苦手な方にはおすすめできないことは事実なようです。

今際の国のアリスがひどいという声

今際の国のアリスがひどいとの声は、最終回まで全話見終えた方から多く上がっているようです。

ドラマの最終回はすべての評価を左右するほど大切な回ですが、本編とズレて終わってしまってはひどいと言われても仕方ないかもしれません。

『終わりよければ全て良し』という言葉があるように、最終回が残念な内容では楽しみに観てきた視聴者はがっかりですね。

ですがひどいと評価が多い一方でシーズン2が公開されているということは、プラスの評価をしている方も多くいるということです。

今際の国のアリスが面白いという声

シーズン2公開後ツイッターで今際の国のアリスを検索すると、面白いという声で溢れています。

ひどいとの声が多かったシーズン1に比べてゲームがより面白くなり、さらに新キャラが登場したことで評価が高まっている様子。

シーズン2の最終回まで観た方もシーズン1よりも満足度が高く、ひどいとの声もあまり見られません。

シーズン1の最終回がひどくて観るのをためらっている方も、シーズン2を観てみると評価が変わるかもしれませんよ。

まとめ

今回は本当に今際の国のアリスはひどいのか、原作と違ってつまらないし、その上最終回は意味不明なのかを調査しました。

シーズン1ではひどいとの声が多かったものの、シーズン2に突入し面白く進化していることが分かりました。

漫画原作の実写ドラマにはありがちで、批判の声は上がるのは仕方ありませんが、続編が公開されているので評価もあるということ。

これから観ようか迷っている方や途中止めした方は、ぜひシーズン1から2まで一気見して面白いか面白くないか判断してはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました