ちむどんどんの挿入歌やBGMが最高!曲名や綺麗な声は誰の歌?

ちむどんどんの挿入歌 ちむどんどん

NHKの朝ドラ“ちむどんどん”の挿入歌が最高で、日々の疲れた心に沁みますね…

綺麗な声を響かせて歌っているのは誰なのか、曲名が何かも気になりますよね?

比嘉家の家族を想う気持ちと美しい歌声が相まり、涙腺が崩壊した日もあるほど絶妙な音楽がすごく魅力的♪

世界に通ずる音楽クリエイター集団が手掛けるBGMも、聞き入ってしまいドラマの内容が入ってこないほど!

今回は“ちむどんどん”の挿入歌の曲名と綺麗な声は誰の歌なのか、BGMも調査してみました!

ちむどんどんの挿入歌

“ちむどんどん”では「ココでこの曲⁈」というほど絶妙なタイミングで、場面に合った挿入歌が流れていませんか?

ドラマを盛り上げる重要な役割を担いますが、“ちむどんどん”の挿入歌はシーンと音楽との相乗効果がすごいんです!

中にはどこの国のかわからないような言語の歌もあり、曲名も気になるところ。

それでは挿入歌はどんな人物の歌う、何という曲名なのか詳しく調べてみましょう!

ちむどんどんの挿入歌を歌う『エミ・エヴァンス』

“ちむどんどん”の挿入歌で、綺麗な歌声を響かせている女性の1人は、エミ・エヴァンスさんです!

英語・日本語・フランス語が話せるトリリンガルのシンガーソングライター。

透明感のあるクリアーな声と独特の言語が特徴の歌手で、ゲームの『NieR(ニーア)』の人で気付いた方も多いのでは?

エミ・エヴァンスさん自身が作詞している曲もあり、どこの国の言葉でもない宇宙語や未来語と言われる造語で歌っているとか!

“ちむどんどん”で流れている挿入歌も、もしかしたら造語で歌っているかもしれませんが、曲名は現時点では発表されていません。

挿入歌の中には別の方の歌声もありますが、もう一人の綺麗な歌声の持ち主は誰なのでしょう?

ちむどんどんの挿入歌を歌う『上白石萌歌』

“ちむどんどん”の挿入歌で、綺麗な歌声を響かせているもう女性の1人は、上白石萌歌さんです!

子役の歌子が、父・賢三に三線を教えてもらいながら一緒に歌っていた『椰子の実』。

賢三が倒れたシーンで流れていた、上白石萌歌さんが歌う『椰子の実』には、あまりの優しい歌声に涙が止まりませんでしたよね?

三線を弾いて歌うだけでなく、何気なく歌っている『翼をください』の、綺麗な声に引き込まれます。

歌子と萌歌さんの『歌』の共通点から、歌子にまつわるストーリーは音楽と深い繋がりがありそうですね♪

要所で流れる幻想的なBGMや、活発な暢子の性格を表すようなBGMも“ちむどんどん”魅力の一つですよね?

優しいBGMで“ちむどんどん”のやんばるの雰囲気を演出している担当者は、どんな方なのか確認してみましょう!

ちむどんどんのBGM担当は『MONACA』

“ちむどんどん”のBGM担当は、音楽のクリエイター集団『MONACA』!

10名で活動している『MONACA』のうち、今回は岡部啓一さん・高田龍一さん・帆足圭吾さんの3名が“ちむどんどん”のBGM担当です。

中でも代表取締役でもある岡部さんは『世界のオカベ』と呼ばれ、ゲーム・アニメ・ドラマ・舞台・ラジオなど幅広く楽曲提供されています!

先ほど紹介したエミ・エヴァンスさんもMONACAと深い縁があり、一緒に数多くの楽曲に参加してきたそうですよ。

“ちむどんどん”が描く『ふるさと』と『家族の絆』に、音楽クリエイター集団のBGMが加われば『最高!』となるのは納得ですね。

ちむどんどんの挿入歌やBGMに対するSNSの声

SNSでは“ちむどんどん”の感動的なシーンと、絶妙にマッチした挿入歌とBGMで涙腺が緩む人が続出!

“ちむどんどん”の世界観を、じんわりと優しく温かく包んでくれる挿入歌に、称賛の声をあげる人が多くいます。

エミ・エヴァンスさんの幻想的な曲のフルバージョンについて、早く歌詞と曲名が知りたい人も多いそう。

今後の情報に期待が高まります♪

実は全国で国民歌謡として歌われた『椰子の実』ですが、今まで聞いたことがなかった人も、穏やかな曲調から懐かしさを感じますよね。

懐かしい歌謡曲や耳触りの良いBGMが、視聴者の心を魅了しているのかもしれません。

まとめ

今回は“ちむどんどん”の挿入歌の曲名と綺麗な声は誰の歌なのか、BGMも調査してみました。

挿入歌には『エミ・エヴァンス』さんと『上白石萌歌』さんが歌う曲が流れ、今後の重要なシーンでは『椰子の実』が何度も流れるかも。

BGMの担当は代表者『世界のオカベ』率いる音楽クリエイト集団『MONACA』が活躍!

耳触りの良い曲調がストーリーとマッチしている、“ちむどんどん”の挿入歌やBGMに今後も期待です♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました