博多おくんち2022の屋台は?出店数や露店の営業時間に交通規制は?

博多おくんちの屋台 イベント

日本三大くんちの一つ、『博多おくんち2022』が10月23(日)~24日(月)に開催されます!

秋の実りに感謝する伝統行事なので、私達も屋台などで実りを味わって一緒に感謝を奉げたいですよね♪

博多おくんち2022では、牛が神輿を引き街を練り歩く『御神幸式』や、夜に行われる『千灯明』など見どころも満載。

屋台の名物グルメも楽しみですが、昨年は規模を縮小して開催されており、例年通り出店されるかどうか心配ではないでしょうか?

そこで今回は、博多おくんち2022の屋台の出店数や営業時間、交通規制について調査してみました!

博多おくんち2022の屋台の出店数

博多おくんち2022では、境内の露店と“中洲屋台横丁”を合わせると出店数は100店舗以上!

博多は“食の街”と呼ばれ、グルメの宝庫であることから有名店も数多く、食べ物の心配は一切ありません。

心配ないどころか、イベントで櫛田神社境内で甘酒の配布があって、無料でいただけるんです!

秋の実りに感謝する五穀豊穣市では、神社境内で新鮮な野菜や魚も販売。

博多おくんち2022で甘酒をいただいた後は、屋台でお腹を満たしたいでしょうが、どこに出店しているのか場所も確認しておきましょう。

博多おくんち2022の屋台はどこに出店する?

【屋台の出店場所】

  • 櫛田神社の境内
  • 中州屋台横丁

博多おくんち2022で屋台が出店している場所は、櫛田神社の境内と“中州屋台横丁”。

櫛田神社の境内では、定番のたこ焼きやイカ焼き、クレープなどのお店が並びます。

神社の裏参道を出ると商店街やキャナルシティーにも行けるので、露店以外の飲食店も事前にチェックしておくといいかも。

夜になったら中洲通りに行き、“中洲屋台横丁”で博多のご当地グルメを数件はしごして楽しみましょう♪

博多おくんち2022では会場周辺にもお店がありますが、念のため屋台の営業時間も把握しておきたですね!

博多おくんち2022の屋台の営業時間

【屋台の営業時間】

  • 神社境内・・・お昼頃~お祭り終了まで
  • 中州屋台横丁・・・18:00頃~深夜(未明)まで

博多おくんち2022で屋台が営業している時間は、神社の境内はお昼頃から、“中州屋台横丁”は18:00頃から深夜まで。

境内にある露店の営業時間は詳しくわかりませんが、祭りに合わせてお昼頃から開店し、お祭り終了頃に閉店ではないでしょうか。

無料の甘酒配布は10:00〜15:00まで、五穀豊穣市は10:00〜16:00までですが、商品が売り切れ次第終了です。

“中州屋台横丁”の露店は、17:00頃から準備を始め17:30に開店しているお店もありますが、ほぼ出揃うのは18:00頃。

夕刻から始まる『千灯明』の神秘的な世界を見物してから、屋台横丁へ向かうとちょうどいいぐらいの時間になるのでは。

博多おくんち2022は屋台の影響で交通規制はある?

博多おくんち2022での交通規制の情報は、現時点では発表されておらずわかりませんでした。

会場となる櫛田神社が博多駅から近いので、周辺一帯は普段から人通りが多く当日の混雑は必至。

櫛田神社に駐車場はありますが、あくまで参拝者専用なので見物客用の駐車場はなし。

周辺に有料駐車場はありますが、当日は早くから満車になるので、車でお越しの場合は事前に予約しておくとベスト。

近くの駅から徒歩5分ほどで行けるので、できるだけ公共交通機関を利用した方がいいでしょう。

櫛田神社周辺には名所もたくさんあるので、名所巡りしながら訪れても良さそうですね♪

▼簡単前予約でストレスフリー♪▼

akippaで駐車場を予約する▶︎▲いつでも、どこでも簡単予約!▲

博多おくんち2022の屋台で食べたい名物

【博多で食べたい名物】

  • 焼きたてみたらし団子
  • 川端ぜんざい
  • 博多豚骨ラーメン
  • 元祖博多めんたい重
  • もつ鍋
  • 一口餃子
  • 鶏皮
  • 焼きラーメン

博多おくんち2022の屋台で食べたい名物は、焼きたてみたらし団子や川端ぜんざい、博多豚骨ラーメン!

福岡の銘菓『石村萬盛堂』さんでは祭りの期間だけ店頭で『焼きたてみたらしだんご』を販売しています。

程よい甘辛さのたれがついた、焼きたての熱々のお団子は絶品で何個でも食べたくなります♪

かつて『川端の名物』とも言われた、日本一甘いぜんざい『川端ぜんざい』もオススメ!

また“中州屋台横丁”にある屋台は毎晩営業しており、中でも一番多い『博多豚骨ラーメン』も食べておきたいところ。

他にも『元祖博多めんたい重』、『もつ鍋』や『一口餃子』『鶏皮』などもご当地名物では外せない一品です♪

まとめ

今回は、博多おくんち2022の屋台の出店数や営業時間、交通規制について調査してみました!

伝統行事が行われる神社周辺は“食の街”で、名店も屋台横丁もあってご当地名物が多すぎて迷ってしまうほど。

事前にリサーチして食べたい物の優先準備を決め、名物グルメを少しでも多く味わえたらいいですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました