ジャンフェスチケットの倍率は?幕張メッセに行ける競争率を調査!

ジャンフェス2023のチケット倍率 ジャンプフェスタ

12月に開催が決定したジャンフェス2023ですが、昨年に引き続き完全招待制で開催とのことで、チケットの入手が困難になるかも。

限られた人しか参加できなくなるので、どうしても会場で楽しみたいからステージに行ける倍率が気になりますよね?

どのくらいの人が当日、東京ビックサイトに行けるのか心配ですが、例年以上に競争率が高くなるのは間違いなさそう。

今回はジャンフェス2023のチケットの倍率はどれくらいなのか、リアル会場に行ける競争率を調査しました!

ジャンフェス2023のチケット倍率は?

  • ジャンフェス2004:158,189人
  • ジャンフェス2005:159,264人
  • ジャンフェス2006:161,134人
  • ジャンフェス2007:155,525人
  • ジャンフェス2008:187,208人
  • ジャンフェス2009:196,536人
  • ジャンフェス2010:181,326人
  • ジャンフェス2011:165,625人
  • ジャンフェス2012:163,364人
  • ジャンフェス2013:133,523人
  • ジャンフェス2014:145,000人
  • ジャンフェス2015:158,000人

出典:Wikipedia データは2日合計の来場者数

ジャンフェス2023のチケットの倍率は『3.3340倍程度』と考えました!

昨年のジャンフェス2022では、1日の当選人数が2万人でしたので、2日間の合計は4万人。

1番来場者数が多い年で約19万6,000人、1番少ない年で約13万3,000人の来場者がいたので、単純に4万の枠を13万人以上の人で争う訳ですね!

そのため2日間の見かけ上の倍率は3.334.9倍と考えられるのではないでしょうか?

ちなみに、2009年の1番来場者数が多い年は、『NARUTO-ナルト』10周年のイベント効果が大きかったようです!

ジャンフェス2023では社会現象にもなった、鬼滅の刃や呪術廻戦にSPY×FAMILYが登場すると思うので、チケット争いは必至でしょう!

ジャンフェス2023のチケット倍率は、一見3.33〜4.9倍に見えますが、いったいなぜ40倍もの倍率になると考えられるのでしょうか?

ジャンフェス2023のチケット倍率はイベントごとに違う?

ジャンフェス2023のチケット倍率は、未だ発表されていないステージごとに分かれると予想します!

参考にしたのは昨年のジャンフェス2022ですが、いきたいステージごとに応募をしたため、人気のステージの倍率は高かったはず!

つまり応募したステージが被っている場合、極端にそのイベントだけ倍率が爆上がりします…

さらに1日2万人を各イベントごとに振り分けると、1イベントあたり参加できる人数は2万人から、かなり少なくなりますね。

リアル会場での参加ができない場合には、オンライン会場も開設されると思います!

もし倍率が高すぎて当選しなかったことを考えると、ジャンフェス2022のオンラインの参加方法も確認しておいた方が良さそうですね。

ジャンフェス2023のチケット倍率が爆あがりする理由

【参考:ジャンフェス2022】

  • 1日目:3,333人(1ステージあたりの参加可能人数)
  • 2日目:4,000人(1ステージあたりの参加可能人数)

ジャンフェス2023のチケット倍率が爆あがりする理由は、1ステージあたりの人数が来場希望者数に対して少なすぎるから!

ジャンフェス2022では1日目は6つのステージ、2日目は5つのステージがあったため、2万人を各ステージで振り分けてみると…

1ステージあたり3,300〜4,000人程度の枠を抽選で争う形となり、仮に抽選に応募した人数が20万人いたとします。

もし、そのうち8割の16万人が、同じステージの抽選に申し込んだ場合は当選確率40!?

倍率についてわかったら、ジャンフェス2023のチケットの抽選結果がいつわかるかソワソワしてきましたね。

ジャンフェス2023のチケットの倍率はステージごとに変わってくると、40倍もの倍率になりそうです!

ジャンフェス2022のチケット倍率の口コミ

ジャンフェス2023のチケット倍率の口コミは、まだなかったので、代わりにジャンフェス2022の口コミをみてみましょう!

応募人数が限られていなかった上、当選人数は決まっていたので、皆さん不安になっていた様子!

どう考えても人気漫画順に倍率がヤバいので、リアル会場に行きたいなら、人気度を考えながらステージを分散させた方がいいかも…

とは言っても、どのステージも人気があるのは間違いないので、好きなステージに応募するのが1番後悔がないでしょう。

ジャンフェス当日にどうしても外せない用事があったら、オンラインでも参加できないので、見逃し配信に期待したいですよね?

チケットの倍率が厳しいジャンフェス2023を諦めざるを得ない人も、どうしても行けない人もアーカイブ情報は確認した方が良さそうです!

まとめ

ジャンフェス2023のチケットの倍率に、どのくらいの人がリアル会場にいけるのか、競争率はどのくらいなのかお伝えしました。

チケットの倍率はステージによって異なると予想され、3.3倍〜40倍程度になるのではないでしょうか?

当選することを願いながら、オンライン参加も視野に入れておくのをおすすめします!

今年の12月もジャンフェスに参加して、1年を締めくくりましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました