ジュラシックパークの映画はグロい・怖い?子供が見ても大丈夫か?

恐竜 映画

ジュラシックパークといえば、1993年に上映され、恐竜映画の古株として皆んなに愛されてる作品ですね。

『恐竜を見られるなんて感動的だよね。』と思う人もいれば、人が食べられるシーンを思い浮かべ、『グロい』とか『怖い』とか思う人もいるかもしれません。

ジュラシックパーク映画のグロい・怖いといった意見はどのようなところでしょうか?

子供が一緒に見ても大丈夫なのかも見ていきたいと思います。

簡潔にまとめたのでご確認ください。

ジュラシックパークの映画はグロい・怖い「グロいという意見」

まずはグロいという意見から見ていきましょう。

グロいという意見が、結構見当たりますね。

どこがグロいのかといった具体的な意見はないものの、ヤギの足が車の上に落ちてくるシーン人間が食べられるシーンがあるといったところでしょうか。

グロいに対して貴重な意見

そうなんです。

頭から「パクッ」と食べられるシーンはあります人が、食べられて血が飛び散るといったシーンはないんですね。

餌として牛が丸々食べられるシーンですら、その姿は見えません。

9割5分がオブラートに包まれている映画ですが、一箇所だけ人の腕が落ちてくるというシーンがありました。

それを考慮しても、『鬼滅の刃』が流行った昨今から考えると、グロさはさほどでもないように思えます。

アニメの話とはいえ、鬼滅の刃の方がスパスパ体が切れますから。

もしお子さんが鬼滅の刃を視聴しているなら、グロさに関しては大丈夫ではないかと思います。

ジュラシックパークの映画はグロい・怖い「怖いという意見」

次に怖いという意見を見ていきましょう。

色々な意見がありますが、映画の終盤に近づくにつれ、夜の暗い描写になります。

子供は描写が暗いと、自然と不安になりますからね。

そこで、いつ出てくるかわからない恐竜に対して怖いと思うんですよ。

揺れるコップの水面、車の中にいても近づいてくる大きな足音。

自分より大きな恐竜が近づいてきているので『怖い!』と思うんですね!

他にも「逃げろー!」と思うような、ドキドキするシーンはたくさんあります。

序盤はゆったりとした恐竜映画、後半はスリルを味わうパニック映画という構成になっています。

子供にとっては多少の怖さはあるかもしれませんね。

まとめ

ジュラシックパークの映画がグロい・怖いといった意見について、簡単にまとめてみました。

実際のところグロさはさほどでもない。(意外と少ない)

犠牲者が出るので、『次はこの人が食べられてしまうかもしれない!』といった怖さ、スリルはあると思います。

お子さんが見るにしても、大人と一緒ならハラハラしながら見ることができるのではないでしょうか。

百聞は一見にしかず。見てみると面白いと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました