関門海峡花火大会2022の屋台は?出店数や営業時間に交通規制は?

関門海峡花火大会の屋台 イベント

8月13日(土)に行われる『関門海峡花火大会2022』は、本州と九州の境界で行われる西日本屈指の大イベント!

約15,000発も両岸から競うように打ち上げられ、クライマックスの美しさと迫力には、誰もが圧倒されるでしょう!

夜空を彩る3年ぶりの夏の風物詩を堪能しながら、お祭り気分を盛り上げてくれる屋台の存在も気になりませんか?

そろそろ美味しい食べ物を頬張りながら、いつもの夏を感じたいですよね。

そこで今回は関門海峡花火大会2022の屋台の出店や営業時間、開催場所の交通規制について調査しました!

関門海峡花火大会2022の屋台の出店数

  • 下関側:約170店
  • 門司側:約300店

関門海峡花火大会2022の屋台の出店数は、今のところはっきりしていませんが、現状は例年どおりの出店数になるのでは?

社会情勢が不安定な状況なので、まだ出店数を決めかねているのか、屋台の出店数がまだ発表されていませんでした。

例年だと下関側の屋台が170店以上で、門司側の屋台が300店ほどと、屋台数がかなり多いため屋台を目的に花火大会に来る人も多いそう♪

屋台目的の「花火より屋台!」という人は目移りするほど屋台数の多い、門司側に行くのがおすすめです!

まだ出店数がはっきりとわかりませんが、例年どおりに出店されるなら、どこで美味しい屋台にありつけるのでしょうか?

関門海峡花火大会2022の屋台はどこに出店する?

【下関側の出店場所】 

  • あるかぽーと会場
  • カモンワーフ会場
  • 唐戸市場前会場
  • 海峡ゆめタワー前会場内  

【門司側の出店場所】

  • 門司港レトロ会場から関門海峡ミュージアム辺り
  • 大連通り

関門海峡花火大会2022の屋台を出店場所は、今のところはっきりと分かっていませんが、例年どおりではないでしょうか?

例年どおりなら門司側はJR駅周辺の“門司港レトロ会場”から“関門海峡ミュージアム”辺り、大連通りにズラッと多くの屋台が並びます!

一方の下関側は“あるかぽーと”や“唐戸市場”など、4つの会場それぞれに屋台を出店していました。

目移りするほどの屋台は壮観で、多くの人で賑わうことから、会場に着いたらすぐにお目当ての食べ物を買っておくのが正解かも!

関門海峡花火大会2022の屋台の場所は例年どおりだと思いますが、お目当ての屋台には、いつごろ行くのといいでしょうか?

関門海峡花火大会2022の屋台の営業時間

【花火開催日時】

  • 8月13日(土)19:50~20:40(開会式19:40下関側)

【屋台の営業時間】

  • 下関側:15時ごろから21時ごろ
  • 門司側:昼ごろから21時ごろ

関門海峡花火大会2022の屋台の営業時間は、今のところはっきりとしていませんが、例年どおりではないでしょうか?

例年どおりなら下関側は15時から21時頃で、門司側が昼頃から21時頃までです。

通常であれば約100万人規模の人出で賑わうため、屋台を満喫するなら早い時間帯に買い物しておくのがおすすめ!

ただし最近の社会情勢の影響も考え、歩きながらの飲食は控えましょう。

関門海峡花火大会2022の屋台の営業時間は例年どおりだと思いますが、会場や屋台周辺の交通規制も確認した方がよさそうですね!

関門海峡花火大会2022は屋台の影響で交通規制はある?

【交通規制】

関門海峡花火大会2022の交通規制は、下関側は15時から23時まで、門司側が17時から24時までです!

下関側は『あるかぽーと北側の道路』、門司側は『門司港駅周辺3号線より北西の花火会場エリア』が規制されます。

交通規制の詳細は、関門海峡花火大会関連サイトで確認してみてください♪

花火大会当日は交通規制の影響で、高速道路のインター付近は大渋滞が予想されるため、早めの行動が必要そう。

各会場周辺の交通規制は関門海峡花火大会2022の当日を楽しむのに重要なので、よく確認しておきましょう!

関門海峡花火大会2022の屋台を楽しむには?

関門海峡花火大会2022の屋台を楽しむなら、浴衣姿での来場が1番ですよね♪

ただブラブラ私服で散策するよりも、今年は祭感を全面に出してみるのもいいのでは?

ただ浴衣にも注意が必要!

浴衣の履物といえば下駄ですが、普段履きなれない下駄でウロウロしていると、鼻緒で足の指が擦れてせっかくの気分も台無しに…

そんな時は鼻緒に簡単にセットして、摩擦を抑えてくれるグッズがおすすめです♪

繰り返し使えて洗えるので清潔、普段使いのサンダルにも使用できるので、1セット持っておくのがいいかもしれませんね!

関門海峡花火大会2022は『浴衣』と『万全な下駄対策』をして、1年に1度のお祭りを楽しんでみてはいかがでしょうか?


関門海峡花火大会2022の屋台で食べたい名物


関門海峡花火大会2022で食べたい屋台名物は、“門司ホテルのカレーパン”と“はしまき”!

“はしまき”は大阪よりも西の中国地方や、九州地方のお祭りの屋台で売られています。

薄く焼いたお好み焼きを割り箸にくるくると巻いた、食べ歩きしやすい形の屋台で人気のメニューです!

また“門司ホテルのカレーパン”はイベントでしか食べられない、特におすすめの1品!

門司港名物『焼きカレー』のルーをカレーパン用に改良したホテルオリジナルのカレーパンで、売り切れ必至です。

会場に着いたら、人気のグルメの屋台に速攻で向かって、早めに美味しい物を満喫しちゃいましょう♪

まとめ

今回は関門海峡花火大会2022の屋台の出店や営業時間、開催場所の交通規制について調査しました!

公式に発表されているものは少なく、交通規制しかハッキリとわかりませんでしたが、屋台は例年どおりになると予想。

せっかく開催されても、今年は社会情勢の影響を受けて人出が少なくなりそうですね…

それでも花火を見たい人で会場は混雑が予想されるので、マナーを守って圧巻の花火と屋台グルメを楽しんでみては?

コメント

タイトルとURLをコピーしました