仙台七夕花火2022の場所とり!定番からお祭り穴場スポットまで!

仙台七夕まつり 花火 イベント

『仙台七夕花火』2022年は東北三大祭り『仙台七夕祭り』に合わせて行われるのでしょうか?

半世紀以上続いている仙台の夏の花火大会ですが、2020年は中止、2021年は時間場所が未公開で5分間の打ち上げで終わりました。

2022年はあることを信じて、過去の情報を元に早めに情報をゲットして夏のイベントに備えておきたいところ。

建物や木で綺麗に全体が見えないとか、ずっと立ち見で疲れたとかないように、景観のいい所でゆっくり座って見れたら最高ですよね。

この記事では、仙台七夕花火2022を観賞する場所はどこがいいのか、穴場スポットを調査しました!

仙台七夕花火2022の上がる場所はどこ?

  • 開催場所:仙台市青葉区・仙台西公園周辺
  • 打ち上げ場所:東北大学百周年記念会館(川内萩ホール)敷地内
  • 日程:8月5日(水)雨天時は9日に順延
  • 時間:19:00~20:30

仙台七夕花火2022が上がる場所は、例年通りですと仙台西公園周辺だと思われます。

お祭りでは1時間で16,000発の見応えある花火を打ち上げ、見物客45万人を魅了しています。

仙台西公園は広瀬川の河畔なので、打ち上げ花火を360度どこからでも観賞できるのが最大の魅力!

そのため付近の高所であれば、人込みを避けた状態でどの方角からでも見れるので、ゆっくり鑑賞できますよ♪

花火の大きさは、最大4号玉までと花火大会では小さめではありますが、開いた大きさは直径約120mあるので十分満足できるでしょう。

それでは、仙台七夕まつり2022でゆっくり花火を観賞するために、穴場スポットを探ってみましょう!

仙台七夕花火2022の穴場はどこ?

  1. 桟敷席(さじきせき)
  2. 青葉区川内澱橋通(よどみばしどおり)
  3. 青葉城址(あおばじょうし)
  4. 東北大学川内キャンパス
  5. 仲の瀬橋

仙台七夕花火2022を有意義に観賞できる、お祭りのオススメの穴場スポットはこちらです!

事前に予約をしておいて、時間になったらゆっくりと指定席に座れる場所、高い橋の上から空中にいるような感覚で鑑賞ができる場所も。

高い場所から夜景も同時に楽しめる贅沢な場所もあります。

花火鑑賞の楽しみ方は色々あるので、事前にチェックして自分に合う穴場スポットを見つけてはいかがでしょう。

それでは、それぞれ穴場スポットの詳しい場所、特徴を詳しく見ていきましょう!

仙台七夕花火2022は桟敷席が穴場

【仙台七夕花火祭有料桟敷席】

  • 青葉山交流広場:テーブル2人席:12,500円 /テーブル4人席:25,000円
  • 仲の瀬橋:マス席4人収容:15,000円
  • 仲の瀬グラウンド:イス1人席:3,000円

仙台七夕花火2022で、確実に場所を確保してゆっくり花火を見たいあなたは有料の桟敷席がオススメ!

例年通り行われた場合の桟敷席の情報になりますが、2022年も大幅な変更はないと思われます。

有料桟敷席は開催前ギリギリに発表されるので、チケットをゲットするには公式HPをこまめにチェックするのが必須!

仙台七夕花火2022で桟敷席を予約して場所とりをする手間を省けば、ゆっくりとお祭りの屋台見物もできそうですね。

桟敷席は花火だけでなく、食事も座って落ち着いて食べられる穴場スポットです♪

仙台七夕花火2022は青葉区川内澱橋通が穴場

青葉区川内澱橋通は打ち上げ場所からも近く、比較的混んでいない仙台七夕花火の穴場スポット!

広瀬川の河川敷はとても広く見通しもいいので、川が流れる自然の中でのんびり花火観賞が楽しめます。

澱橋通近くにある仙台第二高等学校のグラウンドは例年無料開放していて、お子様連れでも安心な飲酒も喫煙禁止。

宮城県美術館の敷地内は、仙台市民の方々の御用達なので定番スポットと言えるのかも。

この辺りは広くて綺麗な場所が多いので、少し歩いて自分に合ったベストスポットを探してみるのもいいかもしれません!

仙台七夕花火2022は青葉城址が穴場

仙台市民がイチオシする仙台七夕穴場スポットは青葉城址。

青葉城址は仙台の夜景が一望できる有名なデートスポットでもあり、カップルに人気がある場所です。

花火祭の夜は、仙台の夜景と打ち上げ花火を同時に観賞でき、非日常を味わえる贅沢穴場スポット!

それだけにかなり人気があり、場所取り競争は免れないので早めに行くのをお勧めします。

徒歩で行くと急な坂道もあり浴衣では大変なので、車やバスを利用してベストポジションをゲットして、贅沢な余韻に浸りましょう。

仙台七夕花火2022は東北大学川内キャンパスが穴場

打ち上げ場所の横にある東北大川内キャンパスも、おさえておきたい仙台七夕花火の穴場スポット!

東北大学の職員や学生は校舎のベストポジションから観覧可能ですが、一般の方は植栽や通り道を避けて利用しましょう。

広い敷地の周りを散策すれば、花火がよく見える穴場スポットが見つかるかるので、間近で迫力満点の花火を鑑賞したいですね♪

ただ打ち上げ場所からとても近く、立入禁止になっている箇所も多いので、事前確認が必要かもしれません。

仙台七夕花火2022は仲の瀬橋が穴場

仙台七夕花火2022で、花火を空中から見たような感覚になれる穴場スポット仲の瀬橋!

仲の瀬橋は二層構造の高い橋で、打ち上げ場所も近く、空中感覚で大迫力の花火を観賞できる唯一の穴場スポット!

仲の瀬橋は有料の桟敷席を、4人マス席15,000円で予約できます。

マス席では『折り畳みクッションマット』『虫よけ』『うちわ』『熱中症対策の水分』は忘れないよう準備してくださいね。

予約した桟敷席で屋台グルメを購入して座ってしまえば、七夕まつり2022で花火観賞を満喫できること間違いなしです!

まとめ

この記事では、仙台七夕花火2022で花火を鑑賞する場所はどこがいいのか、穴場について調査しました。

打ち上げ場所が仙台市の中心にある河畔なので、360度どこからでも花火を観賞できるところが魅力ポイント♪

私有地や立入禁止区域もあるので、入っていい場所の確認を事前にしておくといいでしょう。

仙台七夕まつり2022は、桟敷席や穴場スポットで花火と屋台グルメを贅沢に味わってみては?

コメント

タイトルとURLをコピーしました