ゴーテルは死んだ?ラプンツェルを監禁していた魔女の末路とは?

ゴーテルの死 塔の上のラプンツェル

ディズニー映画に登場する魔女ゴーテルの最後は、塔から転落して姿が消えた描写がされていますが本当に死んだのでしょうか?

”塔の上のラプンツェル”で、若く綺麗でいたいという私利私欲のためにプリンセスを誘拐し18年間も監禁し育てていた魔女。

魔法を利用してずっと若返っていましたが、実際の年齢を聞いたら、効果が薄れてシワシワの老婆になるのも納得です。

この記事では本当にゴーテルは死んだのか、ラプンツェルを監禁していた魔女の末路について調査しました!

ゴーテルは死んだ?

映画では地面に落ちる前にゴーテルの体が消えてなくなっていることから、本当に死んだのかわかりません。

もしかしたらゴーテルは死んだと思わせて、違う姿で生きている可能性もあるかも。

転落死の他に「ゴーテルは魔法の効力がなくなって老衰で死んだ」という見解もあるみたい。

なぜ老死なのかというと、ゴーテルは400歳というありえない年齢だったからです!

人間だったら400歳まで生きるなんてどう考えても無理ですよね?

次はゴーテルが死んだと思われる理由について一緒に考えていきましょう!

ゴーテルが死んだ理由

  • 魔法の効果が切れた
  • 塔から落ちた

ゴーテルが死んだ理由は『魔法の効果が切れたから』と『塔から落ちたから』の2つが考えられます。

ゴーテルの死んだ理由は、あなたの目にはどのように映りましたか?

魔法の効力が弱まり、鬼の形相になったゴーテルですが、あの姿を見たらどっちにしろ後先短そうな気がしますね。

ちなみにディズニーのヴィランは、最後に崖や城から落ちるパターンで死ぬことが多いのですが、ゴーテルも転落パターンにも酷似しています。

ゴーテルが死んだ2つの理由について詳しく検証してみましょう!

ゴーテルが死んだのは魔法の効果が切れたから

ゴーテルは『魔法の効果が切れたから死んだ』と言われるのは、実際の年齢が400歳ということからです。

魔法の効力で若返っていたから体があっただけで、400年も経っていたら骨どころか跡形もなくなっているはずです。

魔法の効力が解けた瞬間から、体が老化の一途をたどり、灰になったのではないでしょうか。

とうに限界を超えた肉体をゴーテルが魔法で無理やり維持していただけで、本当は死んだも同然の肉体を誤魔化し続けていたのでしょう!

ゴーテルが死んだのは塔から落ちたから?

ラプンツェルたちが住んでいた塔は相当高いので、ゴーテルが落ちた瞬間に「死んだ!」と思いませんでしたか?

ですが、塔から落ちて地面に叩きつけられたことによる転落死ではないですよね。

地面に落ちる前にすでに体は消えてなくなっており、残っていたのは身に着けていた衣類のみでしたから。

魔法の効力がなくなったゴーテルは、その場に止まっていれば体が崩れ落ちるだけだったのかもしれませんが、パスカルの手により塔から転落。

姿が消えたわけではなく、空中で灰となった体は無惨にも風に煽られて霧散したんですね。

塔から転落したのはゴーテルが死んだ直接的な理由ではありませんが、灰となった体が残らなかった要因にはなるでしょう。

ゴーテルが死んだことへの反応

ゴーテルが死んだ場面の直前、塔から落ちる瞬間にラプンツェルが手を伸ばして助けようとする姿が強く印象に残ってますよね!

ひどいことをしてきた魔女であっても、18年間も育ててもらった母親への恩を感じていたのが行動に現れたのでしょう。

あなたはゴーテルの行動に母親らしさを感じませんでしたか?

死んだゴーテルにも母性があったのか考えてみると、また違った楽しみ方ができるかもしれません。

ゴーテルが死んだことに「かわいそう」という同情の声があるのは、普通の親子の姿が垣間見えたからでしょう。

まとめ

今回は本当にゴーテルは死んだのか、ラプンツェルを監禁していた魔女の末路について調査しました!

塔からの転落が直接の要因ではなく、ラプンツェルの髪の魔力が解け灰になったのが死んだ理由でしたね。

ゴーテルが塔から落ちるシーンをよく観察してみてください、灰になったゴーテルが風に流されいるように見えませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました