カワスイはひどい?いつもガラガラで潰れるのか目玉生物は何がいる?

カワスイがひどい レジャー・観光

神奈川県川崎駅すぐにある川崎水族館、通称『カワスイ』は2020年夏にオープンしたばかりの新しい水族館。

新しく一風変わった特徴を持った水族館のようですが、『ひどい』『閉館した』という不穏な噂があるよう…

一体どのような水族館なのか、実際に子供と一緒に言っても楽しめるのか、訪れる前に調べておきたいですよね。

今回はカワスイはひどいのか、いつもガラガラで潰れる可能性はあるのか、目玉生物は何がいるのかを調査しました!

カワスイはひどい?

  • 入場料が高い
  • スマホがないと不便
  • アプリが重い?
  • 展示内容が普通すぎ?

カワスイがひどいと言われるのは、カワスイが他の水族館にないユニークな特徴を持った水族館だからかも。

カワスイは『新感覚エンターテインメント水族館』と、世界の水辺を五感で感じられる水族館をコンセプトにしています。

五感を刺激するためデジタル技術を取り入れていたり、展示内容が他の水族館とは異なるため、新感覚な分ひどいと言われている可能性が。

それでは実際にカワスイはどのような水族館なのか、ひどいと言われる理由の各項目について詳細を見ていきましょう!

入場料が高い

カワスイの入場料は大人2000円、高校生1500円、小中学生1200円、4歳以上600円という設定で、意外と一般的な価格。

ただ、同価格帯の水族館と比較すると、し規模が小さく見応えが劣るため高いと感じてしまうのかも。

入場料2300円のアクアパーク品川はプロジェクトマッピングがあったり、2400円の海遊館は世界最大級など見所があります。

一方で目立った見どころがあまりよくわからないと思われがちなカワスイが、同料金だと割高に感じてしまうのかもしれませんね。

スマホがないと不便

カワスイはデジタル技術を取り入れており、展示魚の説明はQRコードを読み取るかAI図鑑アプリを使用する必要があります。

スマホは確かに便利ですが、スマホを扱い慣れていない場合や充電切れの時は魚の詳細が一切分からず不便に感じるかもしれません

さらに回線が悪い時や混雑時はQRコードを読み取ることも難しいので、スマホを持っていても困ることが。

説明板を省くことでスタイリッシュにはなりますが、スマホを常に持ち歩くのは不便だと感じるかもしれません。

アプリが重い?

カワスイは独自のアプリでチケットの購入やクーポン配布を行い、他にもAI図鑑アプリも採用していますが、どちらのアプリも重いそう。

公式アプリは大企業が作るアプリと違いカワスイが開発していますし、AI図鑑は高性能が故に重いのは仕方がないのかも。

アプリのレビュー欄には「重くて年パスが買えない」「アプリが重すぎる」と言った評価が投稿されており、快適に利用できないようです。

チケットの購入は入園に関わってきますし、混雑してQRコードが読めなかった場合のAI図鑑アプリも重いのでは困りますよね。

今後は色々な客層の声を聞きながら、どんどん使いやすいアプリになることを期待します!

展示内容が普通すぎ?

カワスイはカラフルな魚やイルカのショーと言った展示はないので、「普通すぎてつまらない」と感じてしまうかも。

世界の淡水魚がメインで展示されているため、魚の見た目が灰色のような地味なものが多くなってしまうよう。

『多摩川』『アフリカ』『オセアニア』ゾーンの3ゾーンのため、水族館で人気のイルカ、サメやペンギンなどの海の生き物は居ません。

逆に淡水魚がとても多くの種類が展示されている水族館は珍しいので、普段見れない魚を見たい人にはおすすめです♪

カワスイはいつもガラガラでひどい?

残念ながらカワスイはいつもガラガラで赤字だったために、実は2022年春に一度倒産して民事再生しています。

オープン当時は社会情勢的に外出を控える自粛モード真っ只中で、来場者数の確保が上手くいかなかったのが原因でしょう。

お客さんが来なくても、生き物を扱っているというだけで費用がかかってしまいますからね。

民事再生とは事業を継続していく方向で、借金を減らして経営の見直しと立て直しを行うこと。

現在は土日の昼間が混雑していますが、webサイトや公式アプリからリアルタイムの混雑状況が確認できて空いてるタイミングを狙えます。

カワスイは子連れにはお勧めできないほどひどい?

ひどいと言われる理由がいくつか挙げられたカワスイですが、子連れ家族にはオススメできる水族館でしょう!

カワスイは駅近の便利な立地とビル内のちょうど良い規模感なうえ、小さい子向けの設備が複数あり子連れ家族に嬉しい水族館

子供向け設備として、入場無料の『キッズルーム』や、絵本やキッズプレートのある『こもれびカフェ』『授乳室』があります。

魚に興味があっても広すぎて疲れてしまう水族館が多い中、小さな子供への配慮がある設備は子連れ家族として非常に助かりますよね!

カワスイの目玉生物は?

カワスイは今のところ残念ながら目玉生物はいないようで、来場客でもどれが目玉だったのか分からない様子。

どれか一つ目玉があるというよりも、そもそも淡水魚のみの水族館というのが他には無い珍しい特徴が目玉と言えるのかも。

公式はアマゾンの大自然を五感で感じられ、世界最大の古代淡水魚ピラルクが居る『アマゾンゾーン』をイチオシとしているようです。

ぜひ何か一つに注目するのではなく、珍しい淡水魚を満遍なく五感で感じる楽しみ方でカワスイを回ると良いかもしれません。

カワスイがひどいという声

カワスイの特徴についていくつか見ていきましたが、実際にカワスイを訪れた人の感想を見てみましょう。

カワスイへ行った人からは「QRコードシステムがひどい」「つまらなかった」「夜の部が魚が見えない」と言った酷評が。

やはりツイートで言われているように熱帯魚や淡水魚に興味がないと味気ないと感じてしまうのかもしれません。

人気の魚が多く居る他の水族館と違い、滅多に見ない魚や五感を使う展示方法を目当てに観にいくと楽しめると思いますよ♪

まとめ

今回はカワスイはひどいのか、いつもガラガラで潰れる可能性はあるのか、目玉生物はいるのか調査しました。

カワスイは淡水魚のみの変わった水族館ですが、デジタルに力を入れてる分QRコードやアプリへのイマイチな評価がありました。

しかし子連れの家族にはオススメできる水族館で、他では見れない珍しい魚を見にカワスイに行ってはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました