竜とそばかすの姫は美女と野獣のパクリ?オマージュやまんまで許可は?

映画 竜とそばかすの姫

2021年7月に『竜とそばかすの姫』が公開されましたが、ディズニー映画『美女と野獣』に似すぎていると思いませんでしたか?

もしパクリだとしたら大問題なので、映画を見た人からは「大丈夫なの?」と心配の声が上がっています。

『サマーウォーズ』を始め素晴らしい作品を手掛けてきた細田守監督が、盗作するとは考えにくいですが•••

竜とそばかすの姫は美女と野獣のパクリなのか、それともオマージュなのか、そのまんまに見えるので許可は取っているのか調査しました!

竜とそばかすの姫は美女と野獣のパクリそれともオマージュ?

結論から言うと、竜とそばかすの姫は美女と野獣のパクリではなく、オマージュ作品でしょう。

なぜなら、細田監督がインタビューで「美女と野獣のような映画を作ってみたかった」と公言しているからです。

パクリは『盗作』ですが、オマージュは『リスペクト』の意味が強く、尊敬する作品に影響を受けて似たような作品を作る事ですよね。

ただ、この2つの境界線は非常に難しく、作者がオマージュのつもりでもパクリだと判断される可能性はあるのではないでしょうか。

オマージュだと考えられますが、鑑賞している人の中にはパクリだと感じる人がいても仕方がないかもしれません。

竜とそばかすの姫は美女と野獣のパクリと言われる理由

  • キャラ設定
  • ダンスシーン
  • 薔薇

竜とそばかすの姫が、映画美女と野獣のパクリだと言われる理由は大きく4つあります。

部分的なオマージュではなく、誰の目にも明かな程、美女と野獣の設定をまんま使用しているのが原因ではないでしょうか。

何も知らずに見たら「許可は取っているの?」と、盗作を疑ってしまう気持ちはよくわかります。

いくら素晴らしい作品でも、疑いの目で見てしまっては100%楽しめないでしょう。

竜とそばかすの姫が、映画美女と野獣のパクリだと言われてしまう理由を、詳しく解説します。

竜とそばかすの姫はキャラ設定が美女と野獣のまんま?

最もわかりやすい理由は、竜とそばかすの姫は主人公ベル(鈴)と竜のキャラ設定がそのまんまだから。

主人公の名前が『ベル』で、竜は『BEAST(獣)』と表記されているので、美女と野獣の登場人物と名前が一致しています。

さらに竜の外見も元々は野獣のキャラクターを登場させるつもりでしたが、デザイナーの提案で竜に変更したそう。

また、美女と野獣の『野獣』が持つ恐ろしい外見と優しい内面の二面性を、仮想空間と現実世界の二面性で表現しているのではないでしょうか?

竜とそばかすの姫は、キャラの名前や設定が、驚くほど美女と野獣のそのまんまと言われても仕方ないかもしれません。

竜とそばかすの姫はダンスシーンが美女と野獣のパクリ?

ベルと竜のダンスする場面を見てパクリだと思う人も、多いのではないでしょうか。

ベルと竜が正装に着替えて、お城の豪華なシャンデリアの下で踊る場面は、まるで美女と野獣を見ているかのよう…

「ダンスで心を通わせる」という設定まで同じなので、明かに意識して描かれていることがわかりますよね。

実際にはダンスシーンが一番の見せ場なので、作品にあったオリジナルの表現をしてみたかったのではないでしょうか?

竜とそばかすの姫のダンスシーンは、美女と野獣に似ていますが、もちろん別物として素晴らしい完成度です。

竜とそばかすの姫は薔薇の使用が美女と野獣のパクリ?

竜とそばかすの姫は、作中に薔薇を使用している点も、パクリと言われる理由ではないでしょうか。

美女と野獣のモチーフといえば薔薇ですが、竜とそばかすの姫でも、竜の住む城に薔薇が咲いています。

しかも薔薇が登場するだけでなく、ベルが着ているドレスも一輪の薔薇に見立てたデザイン。

「これでもか!」と強調される薔薇に、「逆にわかって欲しいのでは?」と勘ぐりたくなるほど!

美女と野獣で薔薇は『真実の愛』を意味していますが、竜とそばかすの姫でも『愛』を象徴しているのかもしれませんね。

作中に何度も薔薇が登場するので、偶然の一致とは思えません!

竜とそばかすの姫の城のシーンが美女と野獣のパクリ?

竜とそばかすの姫は、城が美女と野獣に似ているので、パクリだと言われるのでしょう。

城のビジュアルは多少異なりますが、竜がお城に隠れ住んでいる設定が、美女と野獣の『野獣』と全く同じですよね?

ただ優雅に城で暮らしている訳ではなく、竜も野獣も本当の姿を隠して、城に閉じこもっています。

竜が背中を傷付けられてお城のバルコニーから転落する場面は、野獣とガストンの城での戦いを元にしているのではないでしょうか。

竜とそばかすの姫では、お城が登場するだけでなく、象徴的なシーンまで同じように描かれています。

竜とそばかすの姫と美女と野獣の関係を公言?

細田監督は、映画完成後のインタビューで美女と野獣と関係があることを公言しています。

美女と野獣をインターネットの世界で表現したらどうなるか、という発想から竜とそばかすの姫が生まれたそうです。

仕事で悩んでいる時に美女と野獣を見たのがきっかけで、ずっと作りたいと思い続け、なんと30年かけて完成させたとか!

『時をかける少女』の公開以前から着想していたなんて、盗作どころか人生をかけた超大作ですよね。

最初から公言しているので、パクリではなく、間違いなくオマージュ作品だと言えるのではないでしょうか?

竜とそばかすの姫は美女と野獣の許可はどうした?

竜とそばかすの姫を製作するにあたり、美女と野獣の設定を使用して良いか許可をとったかは不明です。

しかし、ベルのキャラクターデザインは、正式にディズニーのアニメーターへ依頼しています!

『アナと雪の女王』など有名作品のキャラクターデザインを手掛けるジン・キムさんが、ベルのキャラデザを担当。

そう言われると、ベルが『アナと雪の女王』のアナに見えてくるのではないでしょうか。

竜とそばかすの姫を製作するのに、許可をどうしたか詳細は不明ですが、ディズニースタッフを交えて製作されています!

竜とそばかすの姫が美女と野獣のパクリという声

SNSやネットでは、竜とそばかすの姫は、美女と野獣のパクリだという意見がたくさん上がっています。

オマージュ作品だと知らずに見た人が、パクリと決めつけて批判しているのは非常に残念です。

大胆に似せているので、ディズニーに許可をもらって製作したことを説明しておけば、批判されずに済んだのでは。

とはいえオマージュだと理解して、美女と野獣と比較しながら楽しんでいる人もたくさんいます。

細かいところまでチェックすると、面白い発見があるかもしれませんね♪

まとめ

竜とそばかすの姫は美女と野獣のパクリなのか、それともオマージュなのか、まんまなので許可はとっているのか調査しました。

細田監督が美女と野獣との関係を公言しているので、パクリではなく、オマージュ作品と言えるでしょう!

キャラ設定や登場するアイテムが同じことで、パクリと思われても仕方のない部分があるのかもしれません。

パクリだからつまらないと安易に切り捨てず、ぜひオマージュ作品として楽しんでくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました