四国水族館はひどい?いまいちでしょぼいの口コミや魅力はなに?

四国水族館はひどい レジャー・観光

2020年に香川県にオープンした四国水族館が、四国内最大級の水族館としてテレビで取り上げられたりと注目されていますね!

新しい施設にも関わらず、館内の展示物や生き物にイベントがひどいと、期待して行ってもいまいちでしょぼいと虚しくなります。

ましてや、せっかくのデートやお出かけが台無しになってしまうと、やるせない気分になり出かけた日の1日が悲惨なことになり兼ねません。

今回は四国水族館は本当にひどいのか、「いまいちでしょぼい」という口コミや魅力が何かを調査しました!

四国水族館はひどい?

  • 展示内容が少なくてしょぼくて
  • 規模が小さくていまいち
  • 料金が高い

四国水族館がひどいと言われている理由を3つあげてみましたが、最新の水族館なのに事実であれば少々悲しいところ。

新しく四国最大級にも関わらず『展示物が少ない』『規模が小さい』のも悲しいですが、『入場料が高い』と言われたらかなり悲惨です。

四国水族館は四国水景をテーマに、季節や時間帯によって変化していく空間演出をする次世代型水族館を目指して作られた水族館。

水族館のコンセプト的にかなり展示にはこだわっているように聞こえますが、“ひどい”や“しょぼい”と思われたら残念ですね。

では、どうして四国水族館はひどいと言われているのか、それぞれの理由について詳細を確認していきましょう!

展示内容が少なくてしょぼい

四国水族館がひどいと言われる理由の1つに、四国最大級でありつつも展示内容が少ないことがあるようです。

四国水族館の展示は69基の水槽で約400種1.4万点、数字だけ見ると多そうに見えますが、全国にはもっと大きな水族館がたくさん。

例えば大阪の海遊館は約580種3万点、東京のサンシャイン水族館は約750種3.7万点、アクアマリンふくしまはなんと約750種21万点。

他の人気の水族館と比較すると、かなり展示数や種類が少なく物足りないと感じてしまうかもしれませんね。

規模が小さくていまいち

四国水族館は宇多津臨海公園の一角にある二階建ての水族館で、敷地面積は約8516㎡と少々規模が小さめ。

元々ある公園内に建てられた施設なので、規模が小さくなってしまうのは仕方がないのかも。

とはいえ、国内最大級と言われる名古屋水族館の敷地面積はなんと41529㎡で、関西で人気の海遊館は8階建てで敷地面積31044㎡

他の人気水族館に訪れたことがある人が四国水族館を見ると、「狭くてすぐ見るものがなくなってしまった」と感じてしまうかもしれませんね。

料金が高い

四国水族館の入場料は大人2200円、小中学生1200円、3歳以上600といった料金設定になっています。

数字的にはごく一般的な入場料ではありますが、展示数の少なさや規模の小ささから考えるとやや割高に感じるのかも。

ちなみに展示数の比較でも挙げた海遊館は大人2800円、サンシャイン水族館は2400円、アクアマリンふくしまは1850円。

展示数が他の人気水族館と倍〜15倍も違うにも関わらず、料金が変わらない四国水族館を、割高と感じてしまう人もいるかもしれません。

四国水族館がしょぼいひどいという口コミ

四国水族館がひどいと言われる理由をいくつか見てきましたが、実際に四国水族館を訪れた人の口コミを見てみましょう。

実際に水族館へ行った人からは「魚が少ない」「施設が小さい」「順路が書いていない」と言った残念な感想が寄せられています。

規模の問題で魚が少ないことは仕方ないにせよ、順路がわかりにくいのは困ってしまいますよね。

でも良くない口コミだけでなく、良い口コミも絶対にあるはず!

四国水族館が楽しかったという、魅力を語ってくれている口コミも確認してみましょう。

四国水族館が楽しいという口コミ

四国水族館がひどいという口コミがある一方で、四国水族館は楽しいという口コミも見られました。

「イルカプールがすごい」「写真を撮るのが楽しい」「魚名板が手書きですごい」と言った意見があるようですね。

コンセプトとして次世代型水族館を挙げているだけあって、こだわった演出でスタイリッシュな空間として楽しむ水族館なのでしょう。

展示物だけではなく水族館全体の雰囲気を楽しみたい方や、綺麗な写真を撮りたい方におすすめのスポットかも。

まとめ

今回は四国水族館は本当にひどいのか、「いまいちでしょぼい」という口コミや魅力が何かを調査しました。

四国水族館は他の水族館と比べて、料金は変わらないのに規模が小さく展示内容も少ないという点でひどいと思われているよう。

ただ四国水景をテーマにこだわった、次世代型水族館は四国水族館ならではの魅力もあるので行けば楽しいはず!

四国に行った際には、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました