スプラトゥーン3がラグい!通信エラーが多すぎてゲームにならない?

スプラトゥーン3はラグい スプラトゥーン3

4対4のチーム戦で熱いバトルを繰り広げる『スプラトゥーン3』が2022年に発売されて、大人気ゲームとなり盛り上がっています!

シリーズ3作目にも関わらず「ラグい!」と話題になっていますが、大人数でプレイしていると諦めるしかなく、回避できないのでしょうか?

せっかく楽しい要素満載のスプラトゥーン3でも、ラグい現象が続いたり、通信エラーが多すぎたりするとストレスが溜まりますよね。

今回は本当にスプラトゥーン3はラグいのか、通信エラーが多すぎてゲームにならないのか、調査してみました!

スプラトゥーンはラグい?

  • 瞬間移動する
  • 動作が止まる

残念ながらスプラトゥーン3はラグが多く、普通にプレイしていたらストレスがかかるような、多数の問題が発生しています。

ラグが起きる原因は様々ですが、原因の一つになっているのは任天堂が採用している通信方式『P2P通信』でしょう。

P2P通信を利用すると、対戦中は任天堂のサーバーは介さずに対戦者同士で通信をするため、8人中1人でもラグいと大変なことに!

もし自分が通信環境を整えていても他プレイヤーの通信環境が悪ければ、巻き添えを食って、ラグくなる特徴があります。

では、実際にどのようなラグの影響が出ているのか2項目を確認してみましょう。

スプラトゥーン3はラグすぎて瞬間移動する?

スプラトゥーン3ではラグを持った相手と対戦をすると、チャンスかと思って攻撃をしたら瞬間移動でいなくなることがあります。

過去作から問題視いるこの問題ですが、期待されていた今作でも残念ながら改善されず、瞬間移動の原因を引き起こしているのは同期ズレです。

ゲームが同期していない間、コンピューターが位置を予想しているため、実際の情報を受け取った際に位置が異っているとズレる現象。

通信状況が悪くラグが大きいほど情報を受け取るタイミングがズレるため、より大きくズレが発生し瞬間移動するわけですね。

自分の画面では当たっているのに、本当は別の場所にいるため瞬間移動されて倒せないのはストレスが溜まりますね…

スプラトゥーン3はラグすぎて動作が止まる?

stop

スプラトゥーン3では、ホストプレイヤーの回線が遅いと動きが一瞬止まることがあるようです。

特に何らかの動きがあるオブジェクトが動く時に、“一瞬の間”が発生します。

例えばインクで膨らむスポンジの他、ホコやヤグラ、アサリといったバンカラマッチのルールで出てくるオブジェクトたち。

動き始めるまでに時間がかかる“間”が発生したり、アサリに関しては近くを通っても取れないせいでガチアサリを作れなかったりします。

神経を尖らせてプレイしているバンカラマッチのルール関与オブジェクトが静止すると、勝ち負けに影響して困りものですね。

スプラトゥーン3はラグい以前に通信エラーが多すぎる?

スプラトゥーン3は前作に比べ、ラグいだけでなく通信エラーがとても多いようです。

今作が発売してまだ半年も経っていないので、プレイヤーが多く混雑していたり通信が安定していないのかもしれませんね。

通信エラーはマッチング中、試合中、試合終わりと他局面で発生しているようですが、試合中にエラーになると明らかに勝っていた試合ですら無効に……

頑張っていた試合が無効になるとやる気が削がれてしまいそうですが、通信エラーが多発しているとなると問題はより深刻になりそうです。

スプラトゥーン3はラグだけじゃなくバグも多い?

  • 試合に勝ったのにリザルトで負けになる
  • 試合が中断して負けになる
  • 当たり判定がおかしい

スプラトゥーン3では2ではなかった、もしくは改善されていたバグが、少なくとも3つは確認されています。

発売して間もない期間にラグが見つかるのは仕方ないことですが、ラグいだけでなくバグも多数見つかっているので修正が大変そう。

もしかしたら、あなたも経験したかもしれない3項目のバグは、パッと見でもかなり厄介そうなバグたち。

早く運営に修正してもらいたいところですが、実際にどんなバグなのか詳細を確認していきましょう。

試合に勝ったのにリザルトで負けになる

なんと、スプラトゥーン3のバグとしてなんと勝ったのにリザルトでは負け扱いになるバグが確認されています。

バンカラマッチの試合で発生したというバグ報告がいくつも上がっていますが、その原因は不明。

勝利したバンカラマッチの試合終了後、勝利リザルトの演出が流れた上で計測画面では負け1回分としての×が付けられてしまいます。

バンカラマッチは3回負けると計測終了する仕様なので、バグによる負け1回はかなり大きな痛手となりそうですね。

試合が中断して負けになる

スプラトゥーン3では試合が中断した場合でも自分が負け扱いになるというバグが発生しています。

本来であれば、ゲームが途中で中断した際は「切断をしたプレイヤーは負け扱いになり、その試合は無効試合になる」となるはず。

しかし自分が切断していなくても、通信エラーで負け扱いになるケースもあります。

さらに厄介なのが、勝ち確定だった試合の終了直前で通信エラーが発生して負け扱いになるというケース。

自分が原因でなくても発生しうる通信エラー、試合中にエラーが起きないことを願いながらプレイするしかなさそうです…

当たり判定がおかしい

スプラトゥーン3では『壁の裏にいるのに相手の攻撃が当たる』といった弾の“当たり判定のバグ”があります

同期ズレによるラグが原因の場合もありますが、明らかに壁の裏で待機していても当たるものも多く見られます。

特にリッターとこのバグが合わさる壁撃ちは非常に強力で、壁裏に隠れていてもリッターに抜かれてしまう事例が多発。

第2シーズンではまだ修正されていないようなので、修正されるまでは壁に隠れていても気は抜けないかもしれません。

スプラトゥーン3がラグいという声

困る

スプラトゥーン3はラグいことが分かりましたが、やはりラグに対する不満の声は多くあるよう。

実際にプレイしている人からは、「ラグいと怖くて試合に参加できない」「ラグのせいでつまらない」といった意見が見られました。

たとえ自分の回線を良くしても他7人のプレイヤーのうち1人でもラグいと巻き添えになる通信方式なので、不満の声が出るのも当然。

ラグによって本来勝てるプレイヤーが負ける環境は間違っているので、一刻も早く改善して欲しいですね。

まとめ

今回は本当にスプラトゥーン3はラグいのか、通信エラーが多すぎてゲームにならないのか、調査しました。

現状スプラトゥーン3はラグと通信エラーが非常に多く、さらに試合の勝ち負けに関わるバグも報告されていることが分かりました。

今は自分の回線の改善と混雑時間を避ける自衛しかできませんが、今後のアップデートで改善していくことに期待しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました